毎日摂取している乳酸菌のおかげで、私はきわめて健康的になりました。朝起きたら毎日欠かさず、ヨーグルトを食べています。ヨーグルトは工夫次第でいろいろと味を楽しめますし、便秘になることなく過ごせます。乳酸菌を摂取するようになってから、肌の方も調子がよくなってきて、ダイエットも出来ました。ヨーグルトは便秘を解消するのに効果があるといわれますが、私が試してみると、大量に食べないと、あまり効かない感じがします。毎日1パック位食べて、お通じがやっとあるという感じです。ヨーグルト好きはいいですが、好きではない人も、ジャムを入れたりして、可能な限り摂取すると効果アリです。インフルエンザは風邪とは異なるものという説があります。その症状は1日から5日ほどの潜伏期間をのあと、急に高熱にまで達し、それ症状が3日から7日続きます。型によって、筋肉や関節の痛み、腹部の痛みや下痢など症状に少しのが見られます。しかし、肺炎をおこしたり、加えて脳炎や心不全を起こす事もあり、恐ろしくもある感染症です。乳児がインフルエンザになったら、殊の外大変なことに至ります。まだ体力が足らない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に、体力がついていけるかが不安ですし、インフルエンザで天国にいくこともあり得るでしょう。インフルエンザが蔓延している時には、連れて出ない方が利口かもしれません。通常、アトピー性皮膚炎にかかっている人の角質層はとくkにセラミドという成分が正常なときよりも少ない状態になっていて、肌の水分を保つ力や守る役割が低くくなっています。これを補足して正常な状態に近づくようにするには、保湿が最も大事です。それ故に、お肌の表面を保護して、保湿剤を使う事が必要とされるのです。乳酸菌をたくさん摂りすぎても特に副作用はありません。ところが、たとえ身体に良いからとは言ってもヨーグルトなどで多く摂りすぎると、カロリー過多になる可能性がございます。消化し吸収できる量には限界があるので、そう考えても、常識的な量を守っておくと確かでしょう。オリゴ糖は乳酸菌の数を多くする成分として目を止める存在となっています。オリゴ糖を添加された乳酸菌の働きが強くなり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、お腹、環境を良好にしてくれます。乳酸菌とオリゴ糖はどちらも腸の働き向上や健康促進には欠かしてはならない重要な成分です。私が便秘になった理由は、日頃の運動が足りないせいでしょう。毎日の通勤手段も車なので、歩いたり、運動したりもあまりありません。ペットを飼っているわけもでないので、散歩に行くこともありません。そのような生活のせいで、私は便秘なのでしょう。でも便秘を少しでも軽くするため、今日からウォーキングを行おうと思います。仮に便秘になっても、薬に頼れば簡単に、解決できると思いますが、薬に頼ってばかりなのはダメなので、、とりあえず、食べ物を見直して見ることが重要です。食物繊維を多く含んでいる食事を摂取することがよくって、不溶性と水溶性の両方の食物繊維をバランスよく摂ることが重要です。野菜、きのこ、海草などもすすんで摂ってください。乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るという点では共通ですが、ビフィズス菌にはそのことに加え、酢酸などの成分も、作る力があるらしいです。だから、ノロウィルス対策に有効だと考えられているのですね。最近では、いろんな感染症の話を耳にするので、摂るといいかもしれません。

未分類